So-net無料ブログ作成
サッカー ブログトップ
前の10件 | -

祝 J1 仙台。 [サッカー]

正直、今節で昇格が決まるとは思っていませんでした。

昇格が決まる条件は仙台が勝ち、甲府と湘南が引き分け以下の場合。

来期からJ1。

7季ぶりのJ1らしい。ずいぶん昔のことになったもんだなぁ~。

J2が永かったせいか居心地が良かったせいかJ2から去る寂しさすら感じます。

次節はセレッソとお互い昇格のプレッシャーから解き放たれた者通しの首位攻防戦。

それと、残り一つの椅子をかけた同じ勝ち点で並ぶ湘南と甲府の直接対決も見逃せない。 

J2も残り3節、優勝争いと残り一つとなった昇格の椅子を争うクライマックスシリーズです。

毎度終盤戦のJは面白い。


キリンカップ スコットランド戦。 [サッカー]

キリンカップ[サッカー]を見に日産スタジアムへ[電車]。代表戦を観戦するのはお初。

横浜駅から小机駅までの車内はえらい事になってました。

とにかく息苦しいい。田舎ものにはつらいの一言。

これが代表戦というものなのか[exclamation&question]

代表戦を見るための試練と思いTHE 我慢。

小机の駅の改札をでるとコンビニ店員さんが大きな声とゼスチャーでコンビニに誘導していました。

いざ行ってみるとまたまたえらい混雑。ちょっと大袈裟ですが店内に入っても前に進めません。

まぁ、別にいいやと相変わらずあきらめの早い自分。よく言えば切り替えが早いとも言いますが。

そんなこんなで日産スタジアムに到着。

PA101462.jpg
注目はやはり森本。
サポーターは皆森本に期待を寄せている感じありあり。
しかし、先発ではあらず後半の出場が待たれる感じで試合開始。
PA101432.jpg
前半はちょっと眠い感じ[眠い(睡眠)]。 
予想通り後半から森本登場でスタジアムが盛り上がります[グッド(上向き矢印)]
そして、相手オウンゴールと本田のゴールで勝利。
正直スコットランドの出来の悪さに・・・・・
まぁ、森本が見れただけでも良しとしましょうか。 
帰りの新横までの道中は牛歩戦術の嵐。
駅近くの飲食店もえらい混雑。
コンビニ同様に代表景気に沸いています。
陽気なスコティッシュも湧いています。
なんとか横浜駅までたどり着き一杯やって終電で帰宅となりました。
やっぱり秋は秋刀魚です[わーい(嬉しい顔)]

暇を持て余したJFL観戦。 [サッカー]

GW二日目、することも無く何をしようかと考えサッカー観戦に。

今日はJリーグはお休みですが近場でJFLをやっていたんで行ってみました。初のJFLです。日本のアマの最高峰です。

1000円の入場料を払いスタンドへ。実はここの競技場はスタンドに入らなくても試合を観戦できるところを車で走っている途中に発見しましたが、私も大人ですので1000円払って見やすいメインスタンド上段でまったり観戦してきました。

DSC01942.JPG
DSC01941.JPG
DSC01943.JPG
試合のレベルは決して高いとは言えないのでしょうが純粋にサッカーを楽しめました。
観客数は500人に満たない数字でしたがそれ以上にいる感じもしましたしね。意外と盛り上がっていましたよ。
春の風も心地よく穏やかな気分になれたサッカー観戦でした。
また、今度行ってみようっと。

J開幕前夜。 [サッカー]

早いもので明日今期のJリーグが開幕しますね。

ということでかなり適当に順位予想をしてみました。

 

順位チーム
1甲府
2C大阪
3仙台
4札幌
5福岡
6東京V
7湘南
8鳥栖
9横浜FC
10草津
11水戸
12愛媛
13熊本
14栃木
15徳島
16岡山
17岐阜
18富山

昇格は、甲府、C大阪、希望を含めて仙台。ただ、10位ぐらいまでのチームには昇格の力、可能性はあるのではと思っています。今期からは上位3位までが自動昇格ということでチーム数が増えたものの下から3つ増えたこととおなじみの札幌、東京Vが落ちてきたことから仙台は昨年よりもチャンスはあるのではないかと思います。

甲府は昨期後半から調子はよくその昨期のベースを残したまま補強を行い今期に望んできていることから開幕からチームは出来上がっていることでしょう。昔からまとまりがありハードワークを厭わない好チーム。いやなチームですね。

C大阪は、やはり攻撃力。カイオ、乾そして香川。それ以外にも小松、西沢、柿谷などタレントはとにかく豊富。それに加えDF、MFの補強のブラジル人も強力とのこと。ただ、毎年昇格候補として挙げられながら昇格できないクルピ体制に疑問も持ちますが・・・・・

そして、仙台です。昨期入れ替え戦での悔しさを晴らすためのシーズン。昨年のベースにDFにエリゼウ、SBに朴。FWにソアレスと弱点に外国人を補強。各誌の予想ではC大阪に次いでの高評価になっています。ソアレスの爆発に期待です。FWが得点を重ねることが出来れば間違いなく昇格できるでしょう!!あまりの専門家の高評価のため逆に冷静な目で見てしまう自分がいます。早く開幕戦を見たいところです。

 ただ、今年も混戦は間違いないでしょう。昨年の広島のように飛びぬけているチームは見当たりません。外国人FWの爆発次第ではどのチームも昇格の可能性はあるでしょう。

上記以外でも熊本から高橋を獲得した福岡、反町体制の湘南、高木体制の東京V、島田が抜けた草津とその島田を獲得した鳥栖、ベテラン藤田を獲得した熊本、大卒1~2年ばかりの選手を集めた岐阜、U字工事の栃木などととにかくみどころ沢山。

ただ、楽しむためには仙台が最後まで昇格争いをしていることが前提ですが。


昨年のJ2予想を振り返る。 [サッカー]

Jリーグの開幕が1週間をきりました。そこで、まずは昨年予想したJ2の結果を振り返りたいと思います。

◎は的中、〇は一つはずし、△は2つはずし、×は3つ以上はずしとしました。

 予想結果
1位広島1位
2位甲府7位×
3位C大阪4位
4位湘南5位
5位仙台3位
6位山形2位×
7位鳥栖6位
8位草津9位
9位横浜FC10位
10位福岡8位
11位水戸11位
12位熊本12位
13位徳島15位
14位愛媛14位
15位岐阜13位

結果は的中が4/15でした。私の予想外は開幕から結果を残せなかった甲府と中盤から後半にかけて安定した戦いを見せた山形といったところでした。後は大体いいところを読んでいた感じですね。まぁ、これがtotoだったら全然だめですが・・・・・。

後日、今期のJ2予想をしたいと思います。注目は、仙台はもちろんのこと11位以下のチームがどれだけ上位に食い込めるかといったところと新規参入の栃木、富山、岡山の順位でしょうか。

今シーズンは51試合もあり今まで以上にチームの総合力で差が出てくるのでしょうね。


2-1敗戦!!昇格ならず。 [サッカー]

DSC01739.JPG

今日は松浦がスーパーでした。得点の場面はドリブル、シュート完璧でしたね。ベガルタはディフェンスに難があったにせよ松浦は一人ずば抜けていました。完敗ですね。ただ、最後に意地を見れて良かったです。最後のコーナーがもし入っていたらめちゃくちゃドラマチックだっただろうな。

しかしながら主力が残れば来年は期待できるのではとも思いました。もちろん補強は必要ですが。

これで、来年もスカパーの契約はJ2仕様のまま。

3チーム増えて試合数も増えてまたまた大変です。でも、来年から入れ替え戦がなくなり上位3チームが自動昇格なので今年よりもチャンス大です。

それにしても最後の入れ替え戦、盛り上がったな。


入れ替え戦、初戦は1-1ドロー!! [サッカー]

これだけ待ちに待った試合はいつ以来だろうか。ベガルタの試合となるとJ1昇格を決めた西京極以来か。

Jリーグで一番盛り上がる試合と言われたりもするがゲームのレベルはJ1 16位とJ2 3位のそれ相応のレベルでもある。しかし、レベルはJリーグで一番ではなくても一番盛り上がる。それは、選手の思いやサポーターの思いが最高潮に達し見ているものを熱くさせるからだろろ。歓喜と絶望がワンプレーごとに交錯する試合は入れ替え戦以外味わえないのではないかとさえ思える。

仙台は前半ナジソンのゴールで先制するも後半早々に19歳にして磐田のゲームメーカー松浦に左足で豪快にミドルを決められ1-1に。その後はお互い決めきれずに1-1で終了。中原を入れてから前線でキープできなかったのは痛かった。最後はもっと高さで勝負してほしかった。

磐田にとっては貴重なアウェーゴールをとっての1-1と最低限の結果だったのではないだろうか。2戦目は0-0でも磐田はJ1残留することができるのだから。ただし、今日と同じように仙台が先制するようなことになったら逆に磐田は俄然不利になる。そう考えると今日の結果は磐田にとってそれほど有利とも思えない。要は次の1点を先に取れるかとったところでしょう。

一方、仙台は点を取らないといけない状況になった。今期の仙台はどんな相手でも1点は取れるチーム。ただし、今日のように2点目が取れないチームでもある。そう考えると1-0で勝つか1-1となりPKで勝つかどちらかだろう。しかし、守備力から考えて1-0で勝つのは非常に困難だろう。PK勝ちが一番実現可能なのではないだろうか。ただし、相手のキーバーはPKにめっぽう強い川口・・・・・

なにはともあれ第2戦が盛り上がる展開になったのは間違いない。

ヤマハに応援行きます。

地元に応援できるチームがあるっていいね。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

残すは入れ替え戦!! [サッカー]

昨日ようやくJ2が終了したので開幕前以来のベガルタ仙台ねたを。

開幕前は入れ替え戦すらだめだろーと思っていましたが何とかぎりぎり3位の座を掴みましたね。今シーズンは梁、関口が成長したシーズンでしたね。それに引き換えFW、DF陣はもう一歩成長を感じられませんでしたがよくこのメンバーで3位まで入ったと思います。ただし、平瀬は予想を裏切って活躍してくれたと思っています。

それにしても10日、13日がとても楽しみになってきました。10日は仕事を早く切り上げてスカパー観戦。13日は初めてヤマハへ行ってきます。チケットはあっという間に完売だったようですね。ヒートアップ間違いないことでしょう。あのかつての常勝ジュビロに勝つようなことになったら楽しいだろうなぁ。戦力的にはジュビロが上で間違いないでしょうが何が起こるかわからないのが入れ替え戦。

はたしてどちらの「魂の叫び」を聞くことになるのか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

海外サッカー観戦!! [サッカー]

上海観光を何をしようかと思い初の海外サッカー観戦をしてきました。

それはCリーグ。そう、中国のCです。サッカーを見たいといったところ出張先の劉さんがただ券を用意してくれました。今は、ただ券があっても誰も見たがらないからチケットが余っているそうです。

上海申花対広州医薬の一戦です。

 人民広場から地下鉄に乗り5駅目の虹口サッカー場へ。

DSC00002.JPG

夕飯を食べてからのんびりと行ったので後半からの参戦になってしまいました。

DSC00024.JPG

スタジアム入り口ですが、なんか赤いジュータンが?????

DSC00019.JPG

なんとただのただ券では無かったようです。個室付きのVIPルーム?のチケットでした。こんなところで観戦するのは初めてですね。

試合はというと、前半は1対2で上海が負けていましたが私が観戦しはじめたとたんに同点とし、さらには逆転と盛り上がりは最高潮に。

DSC00004.JPG

DSC00007.JPG

DSC00013.JPG

結局、上海申花が3対2で逆転勝ち!!後半だけでしたが結構楽しめました。

レベルはJリーグよりは劣る感じはしましたが応援も熱くスタジアムを包む雰囲気も良かったです。ちなみに両ゴール裏はどちらも上海申花のサポーターで広州のサポーターは見当たらなかったです。

また、機会があったらいきたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

いつの間にかJ開幕です。 [サッカー]

この間シーズンが終了したと思っていたら日付も変わって本日08年Jリーグが開幕ですね。日産スタジアムのマリノスレッズのカードはチケット6万3千枚売れているとのこと。まぁ、4万枚以上はレッズサポが買っていることと思いますが。

そんなJ1のことはさておき今年もJ2仙台です。いつまでたってもJ1に昇格できない仙台ですが今年も厳しい戦いになることは間違いなさそうです。外国籍選手なしで戦うことを公言する新監督に万代、ロペスと攻撃の核が抜けた補強に神戸からベテランFW平瀬の獲得などサポーターから見るとここ数シーズンの中では不安極まりない、心躍らないオフシーズンでした。個人的には、新加入選手の中では佐藤(前柏)と宮沢(前大分)に期待しています。セットプレーからの得点が今シーズンは増えることでしょう。

ここで、今シーズンのJ2の順位予想を。シーズン終了後に見返すのが楽しみです。

1位 サンフレッチェ広

目だった補強は無かったが戦力的にはダントツ。佐藤寿、森崎兄弟、ストヤノフ、柏木や久々復帰の久保などタレントは豊富。監督も変わっていないことから戦術理解度も高いことでしょう。

2位 ヴァンフォーレ甲府

茂原、須藤と計算できるFWが抜けたが愛媛にレンタルされていたジョジマールの復帰などで補えるでしょう。甲府のポゼッションサッカーはJ2では群を抜いていると思います。ただ、監督采配で下位に甘んじることも十分考えられますね。

3位 セレッソ大阪

昨年クルピ政権に変わってからのC大阪は強かった。そのクルピが今年も継続して指揮をとるのが大きいですね。ちまたでは今年は香川のチームと呼ばれていますが代表で香川が抜けたときにどう戦うかっていうところが見ものかな。

4位 湘南ベルマーレ

今年の湘南は一番良い補強をしたのではないでしょうか。FWは福岡からリンコン、FC東京から阿部吉朗。MFで浦和から大山(この選手結構いいと思います)。SBも山形から臼井、新潟から三田。各ポジション満遍なく補強されています。

5位 ベガルタ仙台

今年は良くてこのぐらいではないかと思います。昇格のためにはFW陣(特に中島、中原)の成長が必須。新加入の佐藤や宮沢からの良質なクロスを中原が頭にあわせるといった得点パターンが確立されればおのずと昇格が見えてくるのでは。

6位 モンテディオ山形

小林新監督を迎えた山形ですがキャンプ中のトレーニングマッチは好調のようです。堅いディフェンスをベースに豊田、リチェーリといった攻撃陣が脅威を与えそうです。ただ、選手層が薄いので長丁場のJ2では昇格は厳しいでしょう。

7位 サガン鳥栖

目だった補強はなかったが岸野監督は残り中位は堅いと思われる。FW藤田が昨年同様の活躍ができるか。

8位 ザスパ草津

今年は中位にジャンプアップの予感。大宮から島田の獲得は大きい。彼の左足は脅威ですね。ただ、カレカ、チカの穴を誰が埋めれるか。毎年レベルアップをしている感じがしますね。

9位 横浜FC

一年でJ2復帰の横浜FC。津並新監督を向かえ選手も大幅に入れ替え厳しい戦いになりそうですね。昇格をした年の再現は津並監督には無理でしょう。メンバー的にもJ2中位仕様。このぐらいがいいところ。

10位 アビスパ福岡

選手のポテンシャルは高いが監督がリティではいつまで経っても昇格は無理でしょう。奇策好きのイメージがあり安定したチームを今まで作れていない。元代表の黒部の獲得など明るい話題もあるがいかに忍耐強く戦えるかがカギでしょう。

11位 水戸ホーリーホック

12位 ロアッソ熊本

13位 徳島ヴォルティス

14位 愛媛FC

15位 FC岐阜

今年から2チーム(岐阜、熊本)が加わり下位は混戦必死。ここから上位に進出してくるチームが出てくるとよりJ2が盛り上がるでしょうね。

さて、シーズン終了後にどんな結果になっているか今から楽しみです。

またJ2スカパーライフが今日から始まりです。しかし、2部リーグを全試合生中継って凄いな。


前の10件 | - サッカー ブログトップ