So-net無料ブログ作成
検索選択

大キレット [登山]

今年は大キレットへどこかのタイミングで行こうと考えていた。

というのも、昨年に北アルプス三大キレットのうち不帰と八峰へ行っていたから。

天気は良さそうだし紅葉も見頃っぽいし3000m付近でのテント泊もそろそろ厳しそうだし

今しかないなと思い行くことに。

ただ、心配なのは紅葉ハイシーズンの混雑のみ。

今回は平湯からバスで上高地入り。

7時過ぎに上高地出発。

徳澤園までの平坦路は人で一杯。いつもの川向うの道で行けばよかったと少し後悔。

新村橋からパノラマコースへ行くと一気に人影が少なくなる。

屏風の耳まで登ると涸沢カールの景色を一望できる。

DSC02227.JPG

パノラマコースを通ったら屏風の耳まで登るべし。

DSC02280.JPG

北穂方面も素晴らしい。

DSC02283.JPG

涸沢の紅葉をじっくりと堪能したいところだったが初日は北穂まで行かねばならない。

そのため涸沢小屋で昼食を済ませそそくさと涸沢を後に。

北穂への登りはコースタイムだと3時間ほどだがこの登りが中々もってきつい。

最後の200mぐらいがほんとしんどかった。

それでも、北穂山頂からの展望は素晴らしいの一言。

DSC02316.JPG

槍はもちろん常念、薬師、笠、八ヶ岳、南アルプスなど360度爽快な展望。

北穂からの展望はどこの山にも負けないくらい素晴らしい。

今回は北穂高南陵のテント場。

テントも15張り程度でいい感じ。

DSC02455.JPG

涸沢のテントは大賑わい。

DSC02430.JPG

ソロで行くときは特に静かなところがいい。

翌朝、天気は快晴。

テント場の正面には常念岳。

DSC02478.JPG

そして、後ろには奥穂と涸沢岳の朝焼け。

DSC02480.JPG

朝陽を十分に浴びたらいざ大キレットへ。

DSC02499.JPG

槍までの稜線もくっきり。

まずは、しばらく緊張の下りが続く。

飛騨泣きも一歩目に少し戸惑ったがその後は足場もホールドもあり無事クリア。

A沢のコルから北穂を望むと絶壁具合がよくわかる。

DSC02513.JPG

長谷川ピークを越え、しばらく緩い稜線を行くと南岳への登り。

ここの登りも中々の岩登り。

下りに比べれば大したことはない。

南岳小屋に到着し振り返ると御嶽山の噴火の様子が見えた。

一刻も早く噴火が収まってほしいものだ。

DSC02549.JPG

取りあえず荷物を置いて南岳へピストン。

そして、南岳新道で槍平へ。

DSC02556.JPG

この南岳新道はなかなか曲者で細尾根あったり足場が滑ったり...

槍平から先は白出沢までは快適そのもの。

ただ、白出沢から先の林道歩きが辛いだけ。

そして無事新穂高へ。

今回も天気に恵まれ、かの涸沢カールの紅葉も堪能できいい山旅でした。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

spray77

大キレット制覇、おめでとう♪
天気も良く裏山!

御嶽の噴火‥やはりくっきり、見えてたんだな。安否確認や被安否確認な1日だった。
by spray77 (2014-09-29 23:38) 

しーばー

いやー心配かけたみたいですまん。
やっぱりdocomoを持とうかな。

穂高の紅葉は噂通り素晴しかった
by しーばー (2014-09-30 19:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。