So-net無料ブログ作成
検索選択

’14夏休み 北アルプス周遊 [登山]

盆休み。計画通りに新穂高から入山。

久しぶりにソロではなく会長とデュオ。

初日、登山口は人でいっぱい。

初日は新穂高から双六岳、三俣蓮華岳、三俣キャンプ場へ。

天気は快晴。 

鏡平からの槍も素晴らしい。

DSC00865.JPG

双六小屋に向かっていくと小屋の向こうに鷲羽岳。

DSC00894.JPG

双六小屋でビールを飲んだのがいけなかった。

その後、ペースが一気にダウン。

これからはビールは目的地に着いてからにしよう。 

双六岳を登っている途中振り返ると槍穂の山々。

DSC00911.JPG

そして、三俣蓮華岳を経由して三俣キャンプ場へ。

DSC00928.JPG

睡眠不足もありものの一分ぐらいで就寝。

二日目。

三俣キャンプ場から鷲羽、水晶、高天ヶ原温泉、雲ノ平と中々ハード。

早朝5時出発でまずは鷲羽岳へ。

1時間ほどで山頂へ到着するもガスに見舞われる。

ここで帰省を控える会長とお別れ。

ここからいつものように単独行。

水晶を超えると嬉しいことにガスが抜けてきた。

振り返ると水晶の山頂。

DSC00941.JPG

そして、見下ろすと奥に雲ノ平、手前に水晶池、右に高天ヶ原とこれから行く目的地が見える。

DSC00944.JPG

ゆったりとした稜線が印象的な裏銀座もばっちり。

DSC00952.JPG

ここから稜線からさようならし温泉沢を下る。

沢は水量が多くどこを渡ったらいいか迷う。

なんとかして高天ヶ原温泉到着。

IMG_0530.JPG

疲れた体によくしみこみ、最高に気持ちよかった。

すっきりしたところで雲ノ平へ。

IMG_0539.JPG

テン場ではソロ行6人で山談義。

酒も飲まずに盛り上がるのは山好きの集まりだからか。

三日目、朝からあいにくの雨。

天気が良ければ薬師沢から北ノ俣岳を経由して黒部五郎へと行こうと考えていたが天気が悪いため雲ノ平を周遊し三俣まで行くことに。

この日の最大の難所は黒部源流川渡り。

ロープは張ってあるが水量が多いだけでなく流れも速いため渡るのをためらう。

IMG_0554.JPG

流されたら一貫の終わりと感じ上流で渡れそうなところを探す。

すると上部のスノーブリッチが渡れそうなのでスノーブリッチまで登り難所をクリア。

この日は雨風強く三俣でテントを張り、午後からずっとテントに引きこもり。

四日目、天気の回復も期待できないので下山することに。

鏡平までくると雨はいっそう強くなる。

鏡平から下の登山道は沢状態。

途中、数か所小さい沢を渡るがここも水量多く、流れも速く危険を感じた。

鏡平からわさび平まで一気に下り一安心。

今までで一番危険を感じた。

四日間、天気はいまいちでしたが日本最後の秘境やら秘湯にも行け、おまけに百名山も二つ登ることができいい旅でした。

そして何より山好きにはいい人ばかり。

今回行けなかった黒部五郎や西鎌や大キレットは次回への宿題。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 3

spray77

鷲羽岳で別れた後、視界が回復したんだね。水晶素晴らしい!今度、大町からアプローチしてみる!
by spray77 (2014-08-18 16:54) 

ちっひぃ

いーなーいーなー
裏山しーっす
わたしは中国出張で夏休みなかったー
秋に振替夏休み取って山行く!
by ちっひぃ (2014-08-19 00:41) 

しーばー

♪spray77
裏銀から水晶へのアプローチもよさそうだったよ。

♪ちっひぃ
中国出張お疲れさん
夏はもうあとわずかだけど秋山はこれから!!
振休で静かな山もうらやましいね。
by しーばー (2014-08-19 23:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0